本文へスキップ

東洋平成ポリマーは、合成樹脂を素材として高品質で利便性の高い包装資材及び加工品を製造販売している会社です。

技術情報Technical information

トップページ > 技術情報 > 1.ポリエチレン、ポリプロピレンと当社製品 

ポリエチレン、ポリプロピレンと当社製品

 四大汎用樹脂であるポリエチレン、ポリプロピレンは、安価、優れた成形加工性や製品物性を特徴として、フィルム成形,中空成形,射出成形などの成形加工法で賦形され、フィルム,シート,積層体,中空品,成形品として、自動車,家電,食品,医薬・医療などの用途に幅広く使われています。

 当社はポリエチレンとポリプロピレンを主原料に、プラスチック成形加工により、フィルム製品とクロス製品を製造販売しております。

 当社のフィルム加工は主に空冷インフレ成形により行っておりますが、代表的なもう一つのフィルム成形法であるTダイ成形に比べ、チューブ状に押出されるためガセット製品が可能,小回りが利くため少量多品種に向く、低温成形が可能なため無添加製品の製造が可能、などの特徴を活かした製品の製造販売および開発を行っております。

 また、クロス製品においても、使用原料の峻別、成形加工条件の最適化により、特徴あるテープ(フラットヤーン、スプリットヤーン)をまず製造し、タテとヨコに打込んだクロス製品、フィルムなどと貼り合せたまたは樹脂をコートしたラミクロス製品、そして埋設標識シートへと加工度を次第に上げた製品を、その特徴を保持したまま製造しております。

本「技術資料」におきましては、ポリエチレンとポリプロピレンの種類に始まり、構造と物性や成形加工の関わり、当社の設計開発について簡単に触れたいと思います。

(参考図書) 「ポリエチレン技術読本」(工業調査会、2001年)他


次のページは  2.ポリエチレン、ポリプロピレンの種類

技術情報 各ページへ
1.ポリエチレン、ポリプロピレンと当社製品  2.ポリエチレン、ポリプロピレンの種類 3.ポリエチレン、ポリプロピレンの構造と物性
                                            4.当社における設計開発